妊娠中に便秘になりやすいのはなぜ?

通常よりもさらに便秘になりやすいのが妊娠中です。今まで便秘の経験がない人も妊娠中になってしまうことがあります。では、どうして妊娠中に便秘になりやすいのでしょうか。

 

まず、妊娠初期はホルモンの関係で腸の働きが弱くなります。腸の働きが弱くなると便を肛門へと押し出すことができにくくなるので、便秘になってしまいます。悪阻で食べたい物だけ食べているのも便秘を助長させる原因です。

 

妊娠中期の便秘は、大きくなってきた子宮によって引き起こされます。大きくなった子宮が腸を圧迫して動きを鈍くさせているのです。赤ちゃんがどんどん成長する時期なので、ホルモンの影響も大いにあります。

 

benpi

 

妊娠後期の便秘は、赤ちゃんの成長によりどんどん大きくなるお腹が腸や他の臓器を圧迫してしまう事に原因があります。腸や胃が押されることによって吐き気を感じる人も多いです。また、お腹にいる赤ちゃんに水分がいってしまうので、便が硬くなり出にくくなる事もあります。しかも、お腹が大きくなってくると排便の時いきみにくいので余計に便秘になってしまいます。これは赤ちゃんを出産すると解消されます。

 

新しい家族が増えて嬉しい妊娠ですが、妊娠と便秘は切っても切れない縁なのです。

 

一週間でない苦しみを解消する方法(外部リンク)

 

便秘で、一週間も便が出ない…
http://www.xn--4gq65b098e4xs4eg.jp/

 

出ない機関が長いと苦しみばかりか不安も増えていきます。なんとかお通じを…。妊婦さんも必見です!